REITとは、「Real Estate Investment Trust」のそれぞれの頭文字をとったものです
これは、不動産投資信託というもので、不動産の権利を細分化して発行し、多くの投資家から資金を集めるものです。

不動産の購入や建築には、一度に多額の資金を必要とします。
そのための資金を多くの出資者から募ることで、資金負担の軽減とリスク分散を図るものです。
不動産管理の主体が不動産を取得して以降は、その不動産を賃貸したり売買することで利益を得ます。
その利益を出資者に分配することで、出資者は配当を得ます。
また、株式として上場するケースも多いため、株式取得者は株が値上がりすればキャピタルゲインを得ることも可能となります。

そして、不動産の投資信託となるため、出資者は投資資金を運用者に委ねると同時に、不動産の管理や運営も委ねることとなります。
そのため、通常の不動産所有者であれば、不動産のメンテナンスや賃料回収の業務が必要ですが、その煩わしさもありません。

一方で、不動産からの賃料などの収入は大きな変動がないため、配当の大きな増額は見込めません
また、株式として見た場合、変動リスクが少ないために、大きなキャピタルゲインを狙うにも不向きと言われます。
こうしたことから、債券と株式の間となる「中リスクの金融商品」とみなされる傾向があります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。