国内投資信託とは主に日本企業の株式を投資対象としたり、日本の債券を投資対象とした金融商品となります。日本企業の株式を対象とした投資信託には、まず日経平均やトピックスに連動するインデックスタイプがあります。インデックスタイプは各指数に連動させることから運用コストが抑えられ、信託報酬が低く設定されている特徴があります。また、国内の株式を対象とする投資信託には成長企業だけに絞って投資をしていくタイプも存在します。成長企業を対象とした投資信託はリスクは大きくなりますが、将来のリターンも大きくなる可能性が期待できます。さらに国内株式の投資信託では、あるテーマに沿った企業に投資するタイプも増えています。環境関連やIT関連、医療関連など、今後の日本で成長が期待できる分野へ集中して投資を行っています。次に日本の債券を対象とした投資信託は、格付けの高い公社債を組み入れた金融商品が多く用意されています。しかし、日本では政策金利が低いために債券の投資信託の利回りはかなり低くなっている特徴があります。しかし、国内債券の投資信託は安定した利回りが確保できることから、高齢者層の投資家などにとっては欠かすことのできない金融商品となっています。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。