企業が資金調達をする方法にはいくつかの種類があるのですが、主なものが株式と債券です。株式を発行し、そしてそれを投資家が購入することによって企業は資金を調達することができます。株式は売るだけですから、企業は返済をする必要はありません。その代わりに配当金を支払ったり、あるいは議決権を与えたりすることが必要となります。そのために、株式を発行すれば経営権を握られてしまう可能性もあるのです。
企業が債券を発行し、そして投資家がそれを購入すれば、その代金を企業は得る事ができます。その代わりに、利息を支払うとともに、一定の期間が過ぎれば投資家に対して額面通りの金額を支払うことが必要になります。債券は議決権がありませんから経営権を握られてしまう可能性はありません。
債券は様々な企業や公共団体が発行しますが、そのうち、国内企業や国内の公共団体が発行するものを国内債券と呼びます。日本円ベースで発行されるものが多いですから、為替リスクがないという特徴があります。日本円ベースで考えれば価格変動リスクが小さいという特徴があります。期待できる利益はあまり大きくはありませんから、ローリスクローリターンの投資だと言えるでしょう。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。