企業が発行する債券には様々なものがありますが、その中でもっとも基本となるものが普通社債です。単に「社債」と言われることもあるくらい一般的なものだと言えるでしょう。
上場企業では資金調達をするときに、銀行などの金融機関から借り入れをするという方法もあります。しかし、社債を発行したほうが良い場合も多くあるのです。銀行から借り入れをするよりも低い金利で借り理れをする事ができる場合が多いと言えるでしょう。直接投資家に対して発行するために、低い利率で借りる事ができると考えられます。
投資家としては、安定した企業であれば安心して購入することができます。銀行預金よりも利回りが高いですから、投資対象としては適していると考えられるのです。一流企業であれば返済されなくなるリスクも小さく、ほぼ確実に返済されると考えられます。株式などへの投資をする場合と比較すればリスクは非常に小さいと考えられるでしょう。ただ、リスクはゼロではなくて、発行している企業が破綻すれば償還されず、投資した資金を回収できなくなることもあるのです。価格変動はあまり大きくありませんから、値上がり益は小さいという傾向があります。リスクが小さい分だけリターンも小さいのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。