gf0640065860l初心者であっても投資をすればプロと同じマーケットで資産を運用していかなければなりませんから、失敗することもあります。特に、短期売買でプロに勝つことは非常に難しいですから、初心者は、まず長期に渡って資産を保有することを考えなければなりません。一度買えば、次に売るのは定年退職後になると言うくらいの気持ちで購入するのが望ましいです。それだけ長期で保有できるものを探さなければならないです。
また、資産を集中させることは良くありません。一つの株式に資産を集中させるというような方法は非常に危険ですから、できるだけ多くの銘柄に分散するべきでしょう。個別銘柄の分析でもプロには勝てないと考えておくべきです。
資金の問題もありますから分散が難しいこともあります。そのためには、投信やETFを活用するのが良いです。小額で分散できますから、リスクを抑えるための方法としては適していると考えられます。
対象を分散することも必要です。株式だけではなくて債券やREITなど、色々なものに資産を分散させることによってリスクを抑える事ができます。これらを対象とするETFや投信がありますから、これらを組み合わせていくのが初心者にとっては良い方法だと考えられます。